プロフィール

テコマ

Author:テコマ
AIONで一応活動中、いつまで持つかは謎。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスでしたね

('A`)孤独のクリスマスタノシス

あんまりにも更新放棄していてなんか、もう畳んじゃおうかとか考えてたテコマです、お久しぶりです。
一人クリスマスの鬱にも負けずちゃんと生きてますよ~。

さて、前回のコミケオフのレポがまだ終わってない・・・と言うか早く終えろって話ですね、すみません。
まぁ、終わってないにもかかわらず、また東京オフがございまして。
これはもうレポ打ち切るか流しでさっさと終わらせた方がいいかな、と思ったりもするわけで。

あ、でも今回はレポなしです。上の広告消すためだけの惰性更新です。

故にネタもないんですよね~。最近ディシディア購入したりとかはしたんですけど、特にそれでネタがあるわけでもないですし・・・録画機能とかスクショ機能使って今度いい絵がとれたら画像でもあげましょうかね~。

あ~、あとL4D(ホラーです、閲覧注意。あと海外サイトです)っていうゲームもやってますね、まだ日本ではPC版しか出てないのかな?うちがやってるのは箱○版でして、深夜にフレと一緒に「恐怖の雄叫び」と言う名の危険に対しての呼びかけでチームワーク抜群に楽勝クリアしております。

嘘です、いまだにエキスパートで一つもクリアできてません。

こっちは動画とかキャプチャー出来ないのでどんなのかお伝えすることはできませんが、何かあったらこれ関連の絵でも描いてみようかなと…。

でも、その前にレポですよねって話です本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

TGS行ってきました。

まだコミケのレポも終わってないのに、なんということでしょう、これは適当に流すしかない。(ぉ

参加日は11日、それも学生スタッフとして半分以上の時間を縛られた参加だったものの、スタッフ故の会場前入場と、開場直後は仕事無しにしていただいたおかげにより、少し期待しておりましたACFAのTGS特別ミッションをプレイできました。

内容としては超強化スピリット・オブ・マザーウィルを撃破せよ!というもの。
一応Coopで二人で協力。
こっそりレギュを確認してみたところ1.25となってたので次回のレギュも多少は調整している模様。まぁ具体的なのはわからないのですが。
使用機体としては1P側と2P側で選べる機体が違うのですが、自分はステイシスを、2P側の友人はホワイトグリントを選択。
やっぱ機動力が全てですよね。

さて、ミッションを開始したものの、どういう強化内容かはさっぱりだったのでいわばブッツケ本番だったわけですが、所詮はSoM、VOBでの接近時での主砲の精度は相変わらずおざなり。
(これは余裕だな)とか思っちゃってました。

・・・この油断が間違いだった…

VOB切り離し後にいきなり主砲がヒット!、これはマジ驚き(AP27000)

そのまま接近している際に後ろでミサが炸裂、ってなんかコジマ爆発のエフェクト出てるし!(AP26000、PA剥がれる)

SoMの足元に逃れ、ひとまずPAを多少でも回復、と思ったら機銃が微妙に強化されてるのかAPが結構減る(AP23000)

とりあえず甲板にあがってミサイルランチャーをつぶそうとして、まず空中から一基破壊。
で、甲板に着地したらコジマミサ直撃、ダメージ表示27000(AP0)

( ;^ω^)え、何この無理ゲー。

ほどなくして友人も大破。

うん、まぁなんだ。
所詮、うちはど下手だったということさorz

(ちなみにACWikiの管理人さんは無事クリアされた模様、化け物め…)



そのあとカプコンブースとかもチラッと見たのですが、MH3はうちらがACFAコーナーにダッシュしたときにはすでに入場規制状態だったので、遠くからしか様子が見れませんでした。Wiiリモコンとヌンチャクを使って操作する模様。
水中戦は見た感じそこそこによさげでした。

ちなみに11時の頃にもう一回そこを通ったのですが、ここどこのコミケ会場?ってくらいに人ごみでした。しかも通路だからみんな無理やりにも進もうとするので余計に圧迫。
男どもにサンドイッチされたって嬉しくないんだよksg

そういうわけで僕の初めてのTGSはモミクチャな結果で終わったのであった。完


あ、私の学校の作品を触って遊んでくれた方々、特に私が3Dグラフィッカーとして関わっている作品「Ouroboros」を遊んでくれた方、本当にありがとうございました。


とりあえずは一区切り…したと思ったら!

あい、皆さんお久しぶりっす。テコマです。

実は今日はちょっとした催し物の最終日でした、おかげでひとつ肩の荷が減った気がします。
その催し物というのはいわゆる、展示会でして今回クラスの人たち合同で開いてました。

一応ぎりぎりほとんどの人が作品が完成しましたし、思ったよりはたくさんの方々が来ていただいたので、よかったなーと思います。


と、思ったら今度はゲーム制作のほうが大変ピンチでして!

これじゃTGSに間に合わないんじゃね?!結局余裕なしかよ!


あまり行動してないとは言え、就活のほうもあると言うのに・・・さぼり癖ある自分にはきついです。

やっぱ卒業年度は大変だなー、と思う昨今です。

P.S

卒展に出した作品のややロークオリティ、縮小版をはっておきます、相変わらず趣味まるだしですがご賞味くださいな。

tougou.jpg

つい最近発見したSさんのブログからバトンが回ってきた

書くネタがないころにバトンを回してくださったSさんに感謝しつつ
面白く答えれる自信が無い中で回答してまいりたいと思います

面白くないからって、飽きないでね

RPGバトン
 

~長い戦い~

■第1章『出発の時』

1.あなたの名前と職業は?

  名前:テンコマンドメンツ(略してテコマ)
  職業:チキンハート・ファイター


2.何時ごろ出発しますか?

  「悪魔倒してこい!」と母親に叱られる頃
 

3.これから悪魔を倒しに行きますが、何を持っていきますか?(A、B、Cと指定してください)

  A.回復薬
  B.両手剣
  C.袋とじのある雑誌

■第2章『山道で…』

1.山道で魔物と遭遇しました。持ってきた道具を使ってどう倒しますか?

  この袋とじの中を見たいか?


2.倒したあとのキメ台詞はなんですか?
 
  気にするな!男はみんな変態さ!


■第3章『砂漠で…』

1.…道に迷いました。どうしますか?

  水がないのでオアシスを探す


2.取った行動は、全くの無意味でした。どうしますか?

  おおテコマよ。しんでしまうとはなさけない。と唱える


3.…さらに無意味でした。
 
  袋とじをあける


■第4章『悪魔の城へと続く道』

1.ここまで来ると、さすがに強敵ばかり現れます。
そこであなたはこう考えました。
  「そろそろ新技が必要だな‥‥」
その新技を習得するための修行はどんな修行?

  雑誌を読む


2.新技を習得するのにどれくらい時間がかかると思いますか?

  20分


3.新技の名前は?

  綺麗な女性の堕とし方


4.新技を習得し、先へ進むと門がありました。そこには何がいますか?

  塩


5.「4の解答」は敵みたいです。新技を使ってみました。その時のセリフは?

 「塩には無意味だよな」


6.あっけなく倒せました。門が開き中へ入ると、城にはカギがかかってました。

  バイオハザードじゃないんだから両手剣で切り裂く


■第5章『悪魔城:1階』

1.城の中に入ると、突然お腹が痛くなりました。その原因は?

  「ヌゥ・・・やはり回復薬が砂漠の熱で傷んでいたか」


2.その状態のまま最上階を目指していきます。2階へ上がる階段の前にとても強そうな敵がいます。戦える状態ではないので話し合いをしようと試みます。どんな会話?

  「この袋とじを見てくれ、こいつをどう思う?」


3.3時間近くにも及ぶ会話の末、ようやく戦闘モード突入です。相手の弱点はどこだと思いますか?

  男共通の弱点


4.勘が当たったみたいで、一発で倒せました。しかし、その戦闘で持ってきた道具、AとCを失ってしまいました。

  ま、まて!その雑誌を返してくれ!それが無いと、ウチは・・・っ!


5.そして、いつの間にか腹痛も治っていました。治った原因はなんですか?

  ただの時間経過での解毒


■第6章『悪魔城:2階』

1.2階に上がると、敵が全くいませんでした。 しかし、上へと続く階段が見つかりません。どこにあると思いますか?

  つまり此処が最上階なんだろう?


2.残念ながらあなたの勘はハズレのようです。あなたはまた探し始めます。 そんな中、どこからともなく声が聞こえてきます。なんて聞こえますか?

 「こ、この雑誌は!!・・・おお~・・・」

 
3.その声は、天井から聞こえてきます。天井を探ってみると、小学校でよく見かける登り棒が出てきました。登り棒は得意ですか?

  滑り降りる事ならできる!(足に深刻なダメージ覚悟で)


4.その登り棒を登っていくと、さっきまでどこにも敵はいなかったのに、下からどんどん登ってくるではありませんか!この危機的状況をどう乗り切りますか?20字以内で答えよ。

  ビビって手を離し、敵を轢き殺す


■第7章『悪魔城:最上階』

1.いつの間にか最上階です。登り棒のせいでだいぶ体力を消耗しました。そこで少し休もうと思います。どのくらい休みますか?

  母親が、此処まで叱りに来るまで


2.休んでいると、いつの間にか眠ってしまいました。そこへ敵が現れ、眠った状態のまま地下牢へ…起きた時あなたの第一声は?

 「オカンが来るまで寝れるな・・・Zzz」


3.こんなところで終わるわけにはいきません。なんとあなたの持っていた最後の道具で牢のカギが開きました。牢から出られた感想は?

 「この、檻・・・もろいぞ!両手剣で切れるくらいに!」


4.牢から出ると、最上階への直通エレベーターがあるではありませんか!その操作方法は?

  「R」のボタンを押す、常識だろう?


5.なんとか最上階まで戻って来れました。さぁ、悪魔はどこにいるのでしょうか?どうやって探しますか?

  逆に考えるんだ、コッチが見つけるのでなく、敵に見つけてもらうのだ


6.しかし、なかなか見つかりません。どうやら今は留守のようです。帰ってくるまで待つことにしました。なにして待ちますか?

  素数を数えるんだ


7.1時間後、ようやく悪魔が城に帰ってきたみたいです。部屋にはいっていきました。ここで意気込みを聞かせてください。

  「しんどくなってきたな」


8.あなたが部屋に突入した時の悪魔の第一声は?

  「この雑誌、返してほしいか?」


■最終章『決戦』

1.悪魔が攻撃してきました!こちらも攻撃開始です。持ってきた道具は1つしか残ってません。どうやって戦いますか?

  両手剣じゃ斬るしかないじゃないか!


2.互角です。悪魔は本気を出してきました。

  だから斬るしかないって!


3.このままでは勝てないと判断したあなたは、友達を召喚することにしました。だれを召喚しますか?リンク先の中から一人選びなさい。

  しかし、リンクに、だれもいない!

 
4.お友達と協力してもまだ勝てそうにありません。もう一人召喚してください。

  しかし、リンクに、だれもいない!


5.3人で協力して戦っています。そんな中、携帯電話が鳴り始めました。

  まった!うちは携帯を持っていない!
 

6.悪魔も電話の内容が気になってきたようです。しょうがないから、電話の内容を教えてあげました。悪魔はなんと答えましたか?

  いや、君。携帯電話持ってないんだろう?


7.悪魔はうっかり今の発言で弱点を喋ってしまいました。その弱点とは?

  やっぱり、男共通の(ry


8.弱点を聞いた3人は、早速行動に移しました。大ダメージのようです。あと何分で倒せそうですか?

  「倒せる」と思った頃にはもう「倒していた」ってくらいすぐに


9.予想していた時間よりも長引いています。そろそろみんな体力の限界です。あなたは最後の一撃に出ようと思い、技名を叫びながら突撃しました!その技名は?

  「その雑誌の女性!実は男なんだーーーー!!」


10.悪魔も最後の一撃に出てきました!その時の悪魔のセリフはなに?

  「うほっ!!!」


11.まだ耐えるのか!…と思いきや、悪魔は力尽き消えてなくなりました。あなたは勝ったのです。キメ台詞は何ですか?
 
  「帰って寝る、今日はしんどい」


12.召喚したお友達のキメ台詞は何ですか?

  しかし、うちは、だれもしょうかん、していない!
  

13.ついに悪魔を倒し、世界に平和が戻りました。さぁ、帰宅です。どうやって帰りますか?
 
  電車


【エンディング】 バトンを回したい人を書き出してスタッフ紹介を完成させよう。

  シナリオライター:でぃーる

  音響:でぃーる

  監督:でぃーる

  スペシャルサンクス:此処まで見ていただいた皆様

おおぅ・・・もう2週間も更新してなかったのか

まだ一週間ぐらいと思ってました

さて本日はイラストでもPSUでもなく日常

兄がこの度仕事のために東京の方へ行くことになりまして
荷物整理と言うことで一気に家ひっくり返しての大掃除になったのですが、出るわ出るわ

使わなくなった物や、無くしたと思ってた物

あまりの量に父親ブチぎれ、だがウチは謝らない

そんな中、昔授業の合間に(と言うか授業放棄して)書いていた2次創作小説(と言うのもおこがましいほどひどい出来の物)が出てきました

多少中身を読み返してから 即・封・印

とても幼稚な文章です本当にありがとうございました

しかし昔は結構話続いていたのに、最近ふと書こうと思ったものは全く続かない事実
これは一体どういうことなの?なんて、その晩考えました
要因はいくつか考えられました

一つは、もはや原作へのがあまり持てなくなってきている事
これに付随して原作の設定をあまり知らずに書こうとして、キャラとか設定を生かせず筆の動きが止まってしまうという事

次にしっかりと話の大筋の流れを先にしっかりと書き出しておかないと言う事

人生はわりと行き当たりばったりで過ごしていきますが、大抵そう言う場合はうまくいきません
それと同じように文章を書いていくのも、その場その場で思いつくままに書いていくと話がなかなか進まず、書いている側も面白くなってきてそのままストップ、続かなくなってしまいます

昔はそのような事になっても作品への愛と作品を書くことに対しての情熱があったので何とかなったのですが、今はどっちかと言うと絵描きなのでもう無理と言うか情熱がそこまでない

そしてこれがおそらく最大の要因

このブログも然りですが
起承転結が下手と言うことです

続きを読む »

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。